ストレス解消 ヘルス&ダイエット

ストレス解消と疲労回復のカギを握る睡眠について

ストレス解消法として、まず1番に考えられるのが睡眠です。

誰しもに必要となる、睡眠によるストレス解消と疲労回復に関して、

さまざまな角度から調査検証した結果をまとめてみました!!

私も調べながら、睡眠の奥深さを知ることができて、かなり参考になりました。

 

睡眠のストレス解消効果

睡眠は脳を休めてストレスを解消する最大の癒やしと言われています。

デスクワークで長時間座っている人でも、身体は疲れていないかもしれませんが、

精神的な疲労が脳に蓄積されて、脳が休むためには睡眠が必要となります。

 

そして、ストレス解消のみならず、

疲労を唯一回復できるのは睡眠しかありません。

 

一般的なサラリーマンは通勤から始まって、

会社での人間関係など日中の多くの時間から、

帰宅ラッシュまで、さまざまなストレスで緊張状態にあり、

そんな状況を収めようと、自律神経が無意識的に血液循環機能や

代謝機能を調整して、恒常性を保つようにフル稼働しています。

 

自律神経には目覚めて活動しているときに優位に働く交感神経

睡眠中やリラックスしているときに優位に働く副交感神経の2種類があり、

日中のストレスで緊張状態にあるときには交感神経が

フル稼働することになります。

 

そんな状況が常時続いているため自律神経の回復が追い付かず、

疲労物質が蓄積されて、フル稼働している神経細胞十分に

回復させないでいると、不快感や痛みといったさまざまな身体的な

不具合が発生してしまいます。

 

自律神経は自分の意思でコントロールすることが難しいため、

リラックスできる環境作りなどを工夫して副交感神経を優位に働かせて

血管を緩めて血圧を低下させて、心身もリラックスした穏やかな状態にして、

疲労回復に努める必要があります。

 

そして、副交感神経を優位にしてリラックスした状態から睡眠をとることにより、

深い眠りにつくことができて、日中のさまざまな緊張状態から解放され、

疲労回復とストレス解消に大きく前進することができます。

 

睡眠の質が重要!

睡眠時には、深い睡眠「ノンレム睡眠」浅い睡眠「レム睡眠」

繰り返しています。

 

レム睡眠時には横になって身体は休んでいますが、脳は夢を見て活動しています。

 

睡眠時間には個人差があるので一概に言えませんが、

一晩の内でノンレム睡眠とレム睡眠を3~5回繰り返すと言われています。

 

疲労回復とストレス解消のための最も重要なポイントとしては、

ノンレム睡眠の質を上げて脳を十分に休ませることに尽きますが、

ノンレム睡眠には4つのレベルがあり、寝入ってから約3時間の間

一晩の深い眠りのうちの80~90%を占めているとのことで、

朝起きた時に「良く寝た」という満足感心身の疲労回復を得るためには、

最初の3時間にいかに良質の睡眠を得られるかがカギとなりそうです。

 

良質な睡眠を得るための環境

「睡眠をとる」だけでなく、疲労回復のための質のいい眠りのために、

スマホやパソコンは寝る2時間前には触らないことはもちろんのこと、

枕や布団、照明など、睡眠環境作り大変重要となってきます。

 

そこで、安眠効果のある環境作りとして、アロマテラピーを推奨しますが

いかがでしょうか?

 

なぜアロマテラピーが、安眠や快眠に役立つと言われているのでしょうか?

 

それは「好きな香りを嗅ぐこと」が、副交感神経のスイッチを入れる

直接的なきっかけになり、大脳の視床下部をリラックスさせることにより、

幸福感を感じさせてくれるからです。

 

-ストレス解消, ヘルス&ダイエット

Copyright© 300歳まで生きるアンチエイジング技術 , 2020 All Rights Reserved.